承認業務に便利なワークフローシステム【ITツール導入】

電卓

現地に詳しい専門家

香港で起業する方や、税務面でのアドバイスをもらいたい方は会計事務所に依頼することがスムーズです。オンラインの会計ソフトを利用することにより、1専任のスタッフがいなくても円滑な財務業務を会計事務所とすることができ、本業に注力することができます。

詳しく見る

男性

会計専用ソフトの選び方

会計ソフトの種が多いので、その選別に迷う人もいるでしょう。その場合、ある選別基準を持つと選びやすくなります。様々な基準がありますので、購入する前に一度確認しておきましょう。ある基準に沿って選定すれぱ、最適なソフトが見つかります。

詳しく見る

会議

サービスを選択するなら

チャットツールを比較することで、様々なメリットがあります。こうした多くのサービスがあるということはとても大切なポイントです。機能面はサービスによって大きく異なっていることが多々あるのできちんと比較しておくことが大事です。

詳しく見る

ネットワーク

電子ファイルで社内決済

ワークフローシステムは書面上で行われていた社内手続きを電子ファイル化し、部署を問わず関連する担当者への電子ファイルによる回覧をすることができるので、経理事務だけにとどまらず、社員が行う全ての事務手続きを効率的に処理することができるシステムです。

詳しく見る

計算する人

海外で会社を作る

海外に会社を作る理由はさまざまですが、日本から近く設立しやすいのが香港です。香港であれば日本から飛行機で4時間程度で行けますし税負担が少なく会社を設立するメリットが多くあります。また会社設立をサポートしてくれる会社もあり現地の会計士がサポートしてくれるので安心です。

詳しく見る

ぜひ導入すべきツール

男女

多くの人が絶賛

会社のコスト削減の一貫として標的になりやすいのがIT投資です。確かに、IT投資は作業の効率化を主な目的としていますので、真っ先にコスト改善のメスを入れやすい分野かもしれません。しかし現在の日本で成長をし続けているほとんどの企業は、積極的なIT投資をしています。ITを活用できていない企業は、例え今は良くてもそのうち淘汰される運命になるでしょう。とにかく、IT投資は企業成長のためにも必要な投資なのです。特に、IT投資におけるシステム導入について、お勧めしたいシステムは、ワークフローシステムです。既に大半の企業には導入されているかと思いますが、まだ導入されていない企業の方には、ぜひ導入することをお勧めします。ワークフローシステムは、会社の申請や承認、決裁等をシステム上で行うものです。紙に押印して承認や決裁をする方法では、紙の紛失のリスクや手渡しや郵送による回覧の手間や面倒があります。更に申請者にとっては、申請したものが現在誰のところまで到達しているのかが分からず、不安になることがあります。しかし、ワークフローシステムにおいては、これらの問題を全て解決することができます。データによる回覧となりますので、紛失のリスクはありません。またボタン1つで申請、承認、決裁、差戻し等の操作ができますので、非常に楽です。また現在誰までフローが進んでいるかもシステムですぐ分かりますので、申請者にとっては心配もいりません。ワークフローシステムは企業にとっても非常に重要なツールですので、IT投資に気が進まない方も、ぜひ導入してみることをお勧めします。

Copyright© 2017 承認業務に便利なワークフローシステム【ITツール導入】 All Rights Reserved.